立花 宗茂。 立花宗茂の関ヶ原エピソード!宗茂の忠義と人柄に家臣が徳川が島津が惚れた

立花家十七代が語る立花宗茂と柳川

宗茂 立花

🤔 同年12月底日軍 被明軍包圍在蔚山的危機中,明將高策趁日軍大部離開釜山本陣援救蔚山之際率明軍一萬二千、朝鮮軍三萬兵力,打算偷襲釜山的日軍本陣做為對日軍救援蔚山行動的牽制而進軍至般丹一地。

立花勢はへ篭城する構えを示したため、鍋島勢はそのまま柳川城を攻め落とそうとしたが、鍋島直茂がこれを抑え、黒田如水、加藤清正が、宗茂を説得 に動き、25日宗茂は降伏開城した。 恵陰嶺を越え坡州への虎尾里までの追撃戦は立花軍が敵を六ヶ所破った。

【東の本多忠勝と西の立花宗茂】凄いのはどっち?凄さを比較してみた

宗茂 立花

💓 中野等著・『立花宗茂(人物叢書)』目次第一・P7. 331(将軍秀忠は宗茂と柳生宗矩とに命じて、謀反のあった坂崎直盛を討たせた。

18
正室・誾千代は立花家改易後、腹赤村の市蔵宅(現・玉名郡)に移り住んでいたが、慶長7年()7月頃から病を患い、に死去した。

立花宗茂

宗茂 立花

👇 「立齋公御咄之覺」《旧柳河藩志》第五章・行政、第二節・柳河再城時代 P. 1592年からの朝鮮出兵でも活躍しています。

3
慶長元年(1596年)受領秀吉賞賜的京都聚樂第中一棟豪華的住所,與妻誾千代共同前往居住,但不久後在秀吉擔心宗茂無繼承人的情況下以 引薦了矢島秀行之女八千子為側室,更提拔八千子之弟 為立花家老,誾千代為此憤慨因而和宗茂分居,移往柳川城南方邊境的宮永居館。 大坂之役的時候家康因擔憂宗茂的武勇智謀和統率能力會為豐臣家效力而盡力的勸說宗茂,宗茂並在大坂冬之陣於大坂城西北的天滿川濱筋口參陣,大坂夏之陣更成為 的軍事顧問和旗本大將,預言應驗了秀忠不聽建議,率軍獨斷的突出將會遭到豐臣方大野治房突襲的戰況;後隨 等人參與天王寺口抵擋突破德川軍數陣的 的攻擊。

立花宗茂

宗茂 立花

😍 關原開戰前夕,近江大津城主 突然叛變,主將 命令 ( )、 、宗義智、 和宗茂一同前往攻擊,此戰宗茂無損一兵一卒擊退了夜襲的敵軍,更發揮了養父道雪的發明「早入」,將火藥和彈混合塞入竹筒並連結鐵炮掛於足輕肩上、使的立花軍的鐵炮能比他家的鐵炮隊使出3倍速以上的銃擊,並且家臣 立下了一番乘。 俗名の宗茂がそのまま入っているのは、宗茂の名があまりに有名でありすぎるため、変えるに変えられずそうなった、との逸話が伝わる。

18
家中でも重臣・薦野増時は西軍に勝ち目なしと東軍への味方を進言したが、「勝敗に拘らず」と増時を留守に残し西軍に参加した。 旗奉行の池辺永晟も連久負傷後は先鋒隊の指揮を暫任し中陣と替わるを成功させたが、後の追撃戦で戦死した。

立花家史料館スタッフBLOG » Blog Archive » 特別展のみどころ―宗茂の家紋―

宗茂 立花

🤲 宗茂が肥後一揆の鎮圧に功を上げ、秀吉から加増しようと言われた際• 関ヶ原で兵のほとんどを失っていた島津義弘に対し「今こそ父君の仇を討つ好機なり」といきり立つ家臣たちの進言を「敗軍を討つは武家の誉れにあらず」と言って退け、むしろ島津軍の護衛を申し出でて義弘と友誼を結び、無事に柳川まで帰りついた。

4
同年三月二十三日,石田等三奉行在王京檢點士兵人數,統計宗茂、 所部僅餘一千一百三十二人,比之碧蹄館戰前之時減員一千八百多人,而此戰之後立花軍並未再參加任何有記載的作戰,那麼,除去一部分因病疫亡故和朝鮮義兵襲擊造成的傷亡,碧蹄館之戰無疑便應當是其最主要的損失原因。

立花宗茂

宗茂 立花

🤝 徳川四天王と呼ばれるようになった忠勝の戦いについて取り上げます。 晚年也擔任第三代將軍 的相伴眾,為其說明戰國的物語故事,而 也贊美宗茂為「真正的武人」。

5
そこで清正は家臣にすることを諦め、食客として遇したという。