サトシ イッシュ 本気 小説。 第1話 サトシのポケモンの会話

第1話 サトシのポケモンの会話

イッシュ 本気 小説 サトシ

🌏 そうして、サトシの願い通り最後まで戦い抜きアルセウスはその身を晒したのだ。

20
「タクトさんは自分でゲットして、自分で育てたポケモンでここまで来たんだ。

イッシュ編 (2ページ)

イッシュ 本気 小説 サトシ

📱 水タイプのミジュマルよ」 ツタージャはどことなくプライドが高そうだった。

17
「まぁここからは距離があるしね。

イッシュ サトシ ルギア 小説

イッシュ 本気 小説 サトシ

☏ その際にイーブイに懐かれて、家族同然に過ごして来たのだ。 「サトシ、少し時間を貰っても良いか?」 「え?うん。

15
全国各地から伝説や幻のポケモンを手に入れた手腕は見事という他ないだろう」 何を言われるのかと身構えていたタクトに送られたのは賛辞であった。 「現に彼らがいない事で大型の鳥ポケモンやジャイアントホールのポケモン達が暴れている。

カノンが、イッシュへやって来た (2ページ)

イッシュ 本気 小説 サトシ

👌 「だが無意味だ」 こごえるせかいとはその名の通り、その一帯の空気を凍りつかせる。

16
ただ、飽く迄進行であってオリジナルエピソードも挿入します。 かなりの食いしん坊であり、食べることを最優先する時もある。

第9話 少年の明かされる過去

イッシュ 本気 小説 サトシ

🤝 お前のおかげで私はまた人を信じることが出来た。

ピカチュウはシューティーに敵意を向けている。 ルギアを倒すだけなら威力を抑えたふぶきやれいとうビームなどでも良かったはずだ。

第7話 細目の青年との再会にして最初のフルボッコ

イッシュ 本気 小説 サトシ

⚓ 」 「「「はぁ?」」」 サ「お前来たんだな…マサラタウンに…」 アイ「ええ、来てやったわよ、それよりあんたのドラゴンタイプ早く見せなさいよ! のようなものが腰にある首の長い流暢で尊大な声を轟かせるポケモンであった。

19
それは勝つのは自分だと自信満々に誇っているように見える。

イッシュ編 (16ページ)

イッシュ 本気 小説 サトシ

⚠ それに」マーマネ「それに?」サトシ「今ではちゃんと言うこと聞いてくれるし、めちゃくちゃ特訓して強くなってる自慢のポケモンなんだ!もしバカにしてくる奴がいたら、返り討ちにしてやるぜ!」フフンマーマネ「……サトシらしいや!」カキ「俺のリザードンともバトルしてくれないか!?」サトシ「もちろんだ!」ワイワイ ガヤガヤマオ「……ん?この記事何だろ?」カチッ, 【もうこいつポケモンマスターでいいんじゃないかな】 【ミアレタワーからピカチュウ庇って飛び降りる動画】 【ルギアに乗ってフーパと戦うサトシの写真】 【メガレックウザに乗って指揮するサトシの写真】 【フレア団と死闘を繰り広げている動画】クラスメイツ『』サトシ「あ、懐かしいな。

2
サトシは次の旅で連れて行くポケモンを考えていたピカチュウは連れて行くのは大前提として他は何を連れて行くのかを考えていた サ「ん〜ピカチュウは大前提として他は何にしよっかな?前と一緒でピカチュウ一匹にするかな?」 カ「それで良いんじゃないの?それにピカチュウは相棒なんだからさ! そ、そんなこと……」 アルセウスの話を聞いたタクトは膝を着いた。

イッシュ サトシ ルギア 小説

イッシュ 本気 小説 サトシ

🔥 ウルトラガーディアンズ編楽しみですね。

3
「フン。