5.0 モンク スキル 回し。 【FF14】モンク所感とスキル回しの変わった点を検証【5.4パッチ】

「FFXIV: 漆黒のヴィランズ」ジョブ別解説:近接DPS編

スキル 5.0 回し モンク

🙃 できれば、疾風迅雷3且つ双掌打の与ダメ10%上昇中が狙い目。 たぶん破砕が切れたりGCD伸びたりでロスの方が大きいのでしょう。 この回しは2回目の紅蓮バフが乗った破砕を入れるのがシビアです。

方向がぐちゃぐちゃにならないので。

【5.4】Lv80忍者のスキル回し解説

スキル 5.0 回し モンク

👉。 おすすめなのは以下の3つです。 どちらも切らさないように更新していく必要がありますが、コンボルートを意識して回していけばどちらも自然と更新されていきます。

9
ヒヤヒヤする。

モンク スキル 回し 5.1

スキル 5.0 回し モンク

⚒ なので 闘気を溜めている間は演武が使えません。 効果時間:15秒 確定で6発入れられるようになりました! 金剛の極意 「 一定時間、自身の被ダメージを10%軽減させる。 そこで「 踏鳴」「 演武」「 無我」「 金剛の極意」「 六合星導脚」の登場です。

疾風迅雷状態になると体に風と雷をまとったようなエフェクトがでます。

モンクの立ち回りやスキル回し5.1ver【FF14】

スキル 5.0 回し モンク

✌ つまり、壱から順にやらなくても参の型からいきなり始めるどころか連発できます! 双竜脚は、 次に実行する連撃の威力をアップしてくれます。

6
「型」は「演武」を使って1段階ずつ進めることができるため、開幕に「参の型」から始めて素早く疾風迅雷を溜めることも可能です。

【FF14】モンクのスキル回し(80レベル)【パッチ5.4】|ゲームエイト

スキル 5.0 回し モンク

💖 これはパッチ5. 威力とリキャストが調整。

4
この約3秒をどう考えるかですね。 範囲は「スパインダイブ」などと同じ20mなので、攻撃をかけつつその後すぐに近接攻撃を続けることができるようになる。

【FF14】モンクのスキル回し(80レベル)【パッチ5.4】|ゲームエイト

スキル 5.0 回し モンク

🤪 0当時やっていた開幕スキル回し。 どうやって維持するか。 バフが1GCD切れてもそっちの方が火力が出るのかと思ったら交互に打ってる人が2位にいたりするのでどちらでもよいと思います。

17
以前は双掌打の威力が低かったので、ここにBuffを乗せずに正拳2回連続の方が強かったのですが、今回のパッチでは双掌打だけ威力の上り幅が大きかったので、双掌打もBuffを乗せたほうが若干強くなります。

【FF14】モンクのスキル回し(80レベル)【パッチ5.4】|ゲームエイト

スキル 5.0 回し モンク

🎇 双竜脚の 連撃効果アップは嬉しい効果やけどね…そのくらい? これから、なのかなぁ。 このあたりはまだちゃんまるも検証中です。

13
93となるSS1167を超えてくると、紅蓮のリキャストが破砕のタイミングとずれてしまいます。

モンク(格闘士) スキル回し(~Lv30)

スキル 5.0 回し モンク

☺ 技を撃つ毎に1スタック消費する。 ガンガン使っていきましょう!! 六合星導脚は 型関係なく打てて方向指定無しで威力が400もあり、 疾風迅雷の効果時間がこれまた最大まで延長されます。

1から、無我の固有リキャストタイムとは別に WSと同じGCDが発生するように変更されたため、開幕に破砕拳を実行した後無我を実行しようとすると破砕拳のGCD分無我の実行が遅れ、そこから無我で運が悪いと更に3秒程何も攻撃できない状態が続きます。 Lv70時点では基本的に「紅蓮の構え」だけでOKですが、「疾風の極意」を習得するLv76以降は構えの切り替えが必要となる点を覚えておきましょう。

モンク スキル回し(~Lv60)

スキル 5.0 回し モンク

🤐 これにより 踏鳴中にWSを6発ギリギリ打ち込めるようになります。 途中の「双竜脚」が2回入る理由は、「踏鳴」後は型が乗らないこと、型が乗ってない状況では「双竜脚」が一番威力が高い理由により連続で双竜脚が入ってます。

10
強化連撃後踏鳴、崩拳で 迅雷4 無我の迅雷付与タイミングは、無我発動から少し時間がかかります。